Column 新宿コラム

新宿西口ワーカーの男性は意外と野心的、女性は社会貢献意識高め?見えてきた特徴と価値観を探る

  • #注目クラスター
  • #基盤クラスター
  • #ワーカーへのアプローチヒント
  • #新宿西口 女性ワーカー
  • #新宿西口 男性ワーカー
  • #愛着
  • #ワーカー調査
  • #Shinjuku
  • #新宿
  • #ライフスタイル
WRITER: 増田 光一郎

シリーズコラム vol.1

「東京の都心6エリアのワーカーに、勤務地愛着を醸成するためのヒントが見えた!?」

(3/3)

前回のコラム(2/3)は、こちら

 

 

前回のおさらい。

東京の都心部6エリアのワーカーに着目し、価値観によってクラスター分類をしてみたところ10の因子による5つのクラスターが導き出せました。

その導き出した5クラスターの特徴を詳細に見ていくと共に、各エリアではどのような比率で5クラスターが存在するのかの比率も確認しました。

 

今回は、最後に私たちが働いている新宿西口を深堀していき、新宿西口の特徴とワーカーへのアプローチのヒントを紐解いていきます。

 

 

●新宿西口ワーカーは、意外と野心的?

新宿西口を深堀するために私たちは、3つのステップで把握することにしました。

 

▶「ステップ1」“基盤クラスター”の確認

 TOTAL、男性、女性それぞれで5クラスターの構成比を把握しました。

 その際に、構成比の1/4以上となる約25%を目安にそれ以上の比率のあるクラスターを“基盤クラスター”と位置付けました。

 

▶「ステップ2」“特徴クラスター”の確認

 対23区比で、100%から10%以上高い比率を示しているクラスターを特定し、“特徴クラスター”と位置付けました。

 

▶「ステップ3」“注目クラスター”の選定

 ステップ1、2を基礎にして、どちらも当てはまるクラスターを“注目クラスター”と位置付けました。

 

それを表にしたのが、表1になります。

 

表1 新宿西口ワーカーのクラスター構成比と注目すべきクラスター

 

 

 

まず、TOTALで特徴的なクラスターの確認です。

「ステップ1」 TOTALにおける“基盤クラスター”

【Cluster1 みんなで一緒に頑張り楽しみたい、チーム充タイプ(以下、チーム充タイプ)】

【Cluster3 仕事もプライベートも輝きたい、絶対主役タイプ(以下、絶対主役タイプ)】

【Cluster4 現状維持が一番、波風立てない草食系タイプ(以下、現状維持タイプ)】

の3クラスターでした。

いずれも約25%を上回っており、基盤と位置付けることが出来ます。

 

▶「ステップ2」 TOTALにおける“特徴クラスター”

【Cluster3 絶対主役タイプ】

の1クラスターでした。110%と比率としては高いと考えられます。

 

▶「ステップ3」 TOTALにおける“注目クラスター”

【Cluster3 絶対主役タイプ】

となりました。

 

私自身、新宿西口ワーカーの一員であるため街中を歩くことが多いのですが、感じる空気感や画一的なサラリーマンが多いイメージがあるとよく言われる経験からは、【Cluster3 絶対主役タイプ】が比率として高くなるとは予想していませんでした。

調査結果からするとイメージよりも野心的でポジティブな考え方を持っている人たちが多くいることが分かったので、もっとそのような空気感を醸し出しても良いのではないかなと、この調査を通して意識するようになりました。

 

 

●新宿西口ワーカーの男性と女性では注目クラスターが違う

次に、男女別での確認です。ここでも表1をご覧ください。

まずは、男性。

 

▶「ステップ1」 男性の“基盤クラスター”

【Cluster3 絶対主役タイプ】

【Cluster4 現状維持タイプ】

の2クラスターでした。

いずれも25%を上回っており、基盤になっています。

 

▶「ステップ2」 男性の“特徴クラスター”

【Cluster3 絶対主役タイプ】

の1クラスターでした。これはTOTALと同様ですが、比率としては121%と非常に高い比率となっており、かなり重要視するべきクラスターであると考えられます。

 

▶「ステップ3」 男性の“注目クラスター”

当然【Cluster3 絶対主役タイプ】

となります。

 

続いて、女性です。

▶「ステップ1」 女性の“基盤クラスター”

【Cluster1 チーム充タイプ】

の1クラスターのみでした。

ただ、29.5%と高い構成比を示しており突出していたことは注目するべきと考えています。

 

▶「ステップ2」 女性の“特徴クラスター”

【Cluster1 チーム充タイプ】

【Cluster2 お金のためなら何とか頑張る、休日電池切れタイプ(以下、休日電池切れタイプ)】

の2クラスターでした。

【Cluster1 チーム充タイプ】は113%と十分高い比率の結果となりました。

この新宿西口の分析では初めて登場する【Cluster2 休日電池切れタイプ】が、115%と【Cluster1 チーム充タイプ】以上に高い比率を示しました。

 

▶「ステップ3」 女性の“注目クラスター”

【Cluster1 チーム充タイプ】

となりました。

【Cluster2 休日電池切れタイプ】も特徴クラスターとしては出現しましたが、構成比が9.9%と基盤とは成り得ないため、注目クラスターとは言い切れないという結果となりました。

 

まとめると、

新宿西口男性の“注目クラスター”は、【Cluster3 絶対主役タイプ】

新宿西口女性の“注目クラスター”は、【Cluster1 チーム充タイプ】

となりました。

 

 

●新宿西口男性・女性ワーカーの詳細な特徴とは?

さて、新宿西口ワーカーにおける注目クラスターが把握できたので、次に新宿西口の男性【Cluster3 絶対主役タイプ】と女性【Cluster1 チーム充タイプ】を詳しく確認しましょう。

 

 

まずは、新宿西口 男性ワーカーの特徴です。

 

表2 新宿西口男性ワーカー 注目クラスターのペルソナ

 

 

全体の【Cluster3 絶対主役タイプ】と比較すると、【出身地】が「一都三県」が多く、「専門学校卒」が特徴として出ています。

「世帯年収が低め」というのは、このエリアに働いている身としてはあまり嬉しくはありませんね。ただ、非常に多くのワーカーがいることを考えると年収の幅はかなり広くなることは致し方ないかと考えています。

勤続年数は「2~3年未満」が多いようですが、勤務先評価としては「人気企業」という評価をしているので、プライドがありつつアクティブに動いている人も多いのではないかと推察されます。

企業人が多いということを考えると、余暇の過ごし方の寄り道相手が「会社の人」が多いのは納得と言ったところでしょうか。

接触メディアにおいては、「雑誌」はワーカーの多さもあり納得感が高いですが、一方で「ラジオ」に特徴が出ているのはやや意外に思います。

最後に、最も好きな街として、「新宿西口」に特徴が出ているのは安堵するところではあります。

 

 

次に、新宿西口 女性ワーカーの特徴です。

 

表3 新宿西口女性ワーカー 注目クラスターのペルソナ

 

全体の【Cluster1 チーム充タイプ】と比較すると、出身地が「神奈川県」が多く「東急」「京王」を使っている人が多いようです。

勤務地評価では、男性とは違い「遊ぶ場所として魅力の そう思う」がやや低かったり、「愛着があるの そう思う」がやや低かったりと、新宿西口への満足度は少し低そうです。

それは、「最も好きな街」でも新宿西口は上位には上がってきていないことから、結果としても表れています。

価値観としては、協調的で「社会に貢献」したいという気持ちや「新しい仕事を開拓」したいというポジティブな気持ちの価値観で構成されているのが特徴的です。

普段の接触メディアは、「ドキュメンタリー・教育番組、企業サイト」などで、情報収集にも取り組んでいるのが特徴として出ています。

これらの価値観や行動からすると、常識的であるが野心も持ち合わせ、仕事もプライベートも充実させるために調和を取りながら頑張る姿が見えてきますね。

 

 

●最後に

今回は、新宿西口の男性、女性の基盤となり得るクラスターをより深くみてみました。

それぞれ、男性、女性でも違う部分があり、全体と比較しても違う部分があるように、都市によってさまざまな特徴が出ることが分かりました。

各都市のワーカーは、基本的には毎日勤務地を訪れます。

同じ人が同じ場所に毎日来るという事は、その人のことをしっかりと理解してコミュニケーションをすれば、良い形で反応し合うことができ、絆や愛着を深めていくことが出来ると考えます。

そこにはさまざまなチャンスがあるということです。

新宿西口においては、男性的かと思いきや女性がとても多いことが分かりました。

その女性の注目すべきクラスターは、とても「前向きでアクティブ」であり、「協調的で社会に貢献」という価値観があることが分かりました。

一方で、新宿西口への満足度はあまり高くはない現状もあり、ここが大きな課題として挙げられると考えられます。

ただ、価値観から考察すると、もっと参加型の社会貢献型街づくりで、共に満足度を高めていくような機会を提供すれば、積極的に参加してくれることが期待できます。

後日のコラムに譲りますが、女性の興味関心も把握していますので、その興味関心に合わせてさまざまな仕掛けをしていくことで、新宿西口が活性化し魅力的にできるという実感を得ることができました。

 

今回のコラムシリーズは、以上になります。

新宿のことをもっと知りたいという方、新宿以外のエリアを詳しくお知りになりたい方は是非、こちらからご連絡をお願いいたします。

下記にパスワードを入力しログインすることで
詳しい情報をご覧いただけます。